2006年11月25日

今更のSNS新規参入、成功できるのか

 
今、巷ではSNSが乱立しています。まずこのwikiを見てください。
 
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7
 
これ、100個を軽く超えていますよね。。
 
これらのSNSはそれぞれ異なるニーズに答えているのかというとそうではなく、結構似たようなニーズに答えているのが実際だと思います。
 
 

「知人とのコミュニケーション補助」>リアルの友達とのコミュニケーション補助ツール
「新しい出会い」>出会い系欲求
「自己主張欲求」>自己主張の場
「口コミ情報」>知的欲求

 
 
SNSは大体こんなようなことを求めて使われているんじゃないかと思います。これって情報が一つのプラットフォームに集約されていたほうが断然ユーザにとっては便利ですよね。即ち、サイト規模が優位性を確立します。
 
 
顕著な例がmixi対Greeの争いです。2社互角か、Greeの方がむしろ強かった時代もあったように記憶していますが、ある一定ラインをmixiが超えて以降、mixiはうなぎ上りの成長を遂げGREEと大きな差をつけることになりました。いつの間にか上場までしています。逆にGREEは完全な伸び悩み状態です。
 
 
この状況下では、SNSへの参入障壁も高いように思われます。十分にニーズに答えてくれるmixiというサイトがあるのに、ユーザは別のサイトに乗り換える必然性を感じません。
 
 
SNSにおける優位性が会員規模で作られ、しかもそれは強力な参入障壁になりえるのならば・・・、他のサイトの大成功はありえないのか・・・、というのが難しい問いかけです。
 
 
ありえるものは、先にあげた4つのニーズのうち、何か一つにエッジが効いたサービス。


例えば、出会いやコミュニケーション補助にエッジが効いた大学OBが集まるSNS(東大netなど)やここには乗っていませんが、情報としてエッジが効いている「広告会議室」http://www.koukokukaigisitsu.com/などコピーライティングに携わる人間にとっては非常に有用なサイトだったりします。

 
 
もちろん、mixiにも様々専門的なコミュニティは形成されていますから難しい境界線ですが、この辺りでお洒落なエッジの効かせ方をすることである一部のユーザに特別視されたサイトとして、カテゴリNo.1を取れるじゃないかと思います。
 
 
例えば、今後拡大するシニアマーケットに特化しているSTAGE www.stage007.comや富裕層マーケットに特化したSEVEN HILLS www.7hills.ne.jpなども面白かもしれません。加えて、mixiが永続的に続くわけではないと思います。
 


バーチャルな世界も現実世界と同じ形相となっていくならば、SNSというものがもっとインフラ化していく過程で、もっと居心地のよい場所を求めて、mixiとは完全に別コミュニティを求めるユーザの数も増加していく可能性も十分にありえるからです。

 
 

直近では、second lifeがその候補でしょうかね。
http://secondlife.com/world/jp/

 
とりあえず、取り止めがなくなってしまいますのでこの辺りで終わります。
 


 

posted by けいじ at 01:12| Comment(40) | TrackBack(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月21日

ホノルルマラソン

マラソン

かなり個人的な話で恐縮ですが、私、一大決心の後、ホノルルマラソンに出ることにしました。

現在、鋭意トレーニング中です。昨日も深夜1時くらいに仕事から帰ってきて7Kmくらいジョギングしたり、筋トレしたりしてました。

一緒に行く予定の弊社社長が面白いことを言っていたので書きます。

−以前トライアスロンの大会に出た。
−年配の経営者の方の集まり。
−中には60歳を超える女性の方もいらっしゃった。
−しかし、全員が過酷なトライアスロンを完走仕切った。

−彼らは、その日のトライアスロンを走りきるために半年以上から準備を重ねていた。
−目標にあわせてタスクをブレークダウンして、緻密な準備をしていたらしい。

−さすが、と思わせる思考プロセスと行動力。強いては仕事力。
−我々の仕事も一緒。見習わなくてはならない。

仰るとおり、ですね。。根本的に共通するところがあります。

僕がそこまでパーフェクトに準備を出来ているかというと、決してそうじゃないですね。今日、とりあえず20km走ってきます。日曜が最終調整の河口湖ハーフマラソン27km。参加される方いらっしゃいましたらコメント下さい!

今日は仕事をここらで切り上げます。

posted by けいじ at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月19日

世界のCMフェスティバル

先日、「世界のCMフェスティバル」というイベントに参加してきました。

http://homepage.mac.com/cmfestival/index.html

簡単に言うと、世界中の面白いCMを映画館で流しましょう、という非常にシンプルなイベント。

ただこのイベント、すごい面白かった。
世界には(特にヨーロッパには)こんなに面白いCMが流れてることを知ると、日本のCMにはもっとがんばってもらいたくなります。

単純に企業名を出すCMはやはり印象に残らず、それに関連するストーリーが衝撃的な方が印象に残りました。

「クリエイティブ」というキーワードは、「ハイコンセプト」という本でも書かれていますが、まさに日本人が鍛えなくちゃならないところですね。

ちなみにここで言われていることは、「ルーティンで出来る業務が出来る人間には価値が付かない」「オリジナルティを生み出す」人間にだけ価値が付く、という話。ルーティンで出来るものは、コンピューターや低賃金のアジア/アフリカ労働者にアウトソースしてしまえばよいから。M&Aというものも、下層レベルの業務はインド人のMBAワーカーにやらせればよい、と言っている。誰でも出来るし、しかも彼らは賃金が安くても満足するのだから、と。

話は戻りますが、CGMの今の時代、広告はエンターテイメントコンテンツとして、表現がクリエイティブにならなければなりません。論理的な表現(サイトマップなど)ならば、いつでも自動化されますよね。まるで公開されたAPIのように様々なところでカスタマイズされ、使われるような面白いレベルであるべきかと思いました。


◆一部紹介

CMのはじめは、何の会社の広告かまったくわからない。でも最後の最後にストーリーとメッセージが一致するようなタイプ。
http://homepage.mac.com/cmfestival/mov/2006_campari.mov


後、企業広告より公共広告的なもの(エイズやら差別にうったえけかけるもの)が印象的でしたね。
http://homepage.mac.com/cmfestival/mov/2006_amnesty.mov


後、コカコーラが世界一のブランド価値を持つ所以がわかった気がします。世界中でCMやりすぎ。ほんまに。。
しかも結構面白い。日本のは印象には残ってるけど、海外のCMの方が印象的なストーリーでしたね。




ブログランキング



posted by けいじ at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月18日

蝶の羽ばたき始め

世の中はすごく複雑で、僕なんかじゃ、到底理解できない。

世界は一つであって一つじゃない、そんな感覚を抱く。狭い世界と世界が、細かったり太かったりする糸のようなもので繋がっている。その糸は、蝶の羽ばたき一つで時には切れてしまったり、時には太くなったりしている。

僕も、不器用ながらもいつも羽ばたいたり、羽を休めたりしている。感じるままに、時に強く、時にゆったりと。でも、僕は羽ばたくのがヘタクソで、うまく調節できないから、いつも「運命」をあからさまに感じてしまう。

あの時、突然思い立って、大切な人たちから離れてしまった。
あの時、友達の思い付きが僕の運命を引き裂かれてしまったこともあったろう。

もっとうまく羽ばたきたいと強く思う。

うまく羽ばたければ、「運命」を悲劇的ではく、幸せなものに近づけられるんじゃいだろうか。今、この瞬間、数通りある選択肢を適切に選択することで、幸せな「運命」を作り出せるんじゃないだろうか。

だから、この瞬間を大切にしたい。

あの人に会える事が僕の運命だと思っているとしよう。
ある日、運命を信じて、その人を探すために街を当てもなく歩いた。
もちろん、僕は冷静だった。今、ここであの人に会える確立は、天文学的に低い確率だろう、と。僕がその時間そこにいること自体低い確率だし、あの人がその時間、そこにいることなんてもっと低い確率かもしれない。

その時、「今まで出会えた人たち、僕が彼らと出会えたことは奇跡だ」ということに気付いた。

だから、僕はもっとその奇跡の一つ一つを大切にしたい。
「一期一会」なんていう言葉じゃ重みを感じられない。「奇跡」と表現すればやっとしっくりくる。

今、東京という、僕には蝶たちの羽ばたきさえ、自分の羽ばたきさえ、感じられないような複雑な場所にいる。この街は、本当に複雑で難しい。だから僕には大切なものが見えなくなっていたんだと思う。小さな街に帰って初めて気付かされた。

だから、僕は君を大切にしたい。君を想って街をあてもなく歩く。出会える可能性なんて計り知れなく低いのもわかってる。でも運命を信じて歩いてみようと思う。

このブログはそんな僕が出会った人たち、これから出会う人たちに向けて書くものです。

これから長い付き合いになると思いますが、何卒よろしくお願い致します。


posted by けいじ at 21:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。